オットの退社→留学→卒業その先は・・・


by kayo3775
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

またまた引越

みなさま今年もよろしくお願いします。

実はまた引越しなければならなくなりました。
年末にこの部屋のオーナーから連絡があり、一度目の契約が切れる3月に、
出て行って欲しいと。カビの問題はあれど、これからしばらくオットの就職問題や
やはり3月で切れるビザの延長などでバタバタしそうなので、
家は当然契約更改して、住み続けるつもりでした。

なのに、オーナー自身が離婚して住むところがなくなって、この家に住むことに
したらしく、君たちさえよかったら、僕は一緒に住みたいのだが・・・と
これまた信じられない提案をしてきたのです。
2BRの狭いアパートに、香港人のおじさんと私たちで住む?
いくらいい人でも、家賃を下げてもらっても、そんなの無理に決まってます。
だからまた家を探すことになりました。

しかも、昨日電話があり、実はできれば1月末にここへ引越したいのだけど、
できるだけ早く出てもらえないかと・・・。
えーー、そんなの無理、絶対無理。もちろんまだ契約期間内なので、
オーナーの都合はどうであれ、3月までは堂々と私たちだけで住めるのだけど、
彼もかなり困ってるようなので、見つかり次第引越しますと言っておいた。
オーナーは、不動産屋はたくさん知っているから、すぐに僕が見つけてあげると
意気込んでいるし~^^;
(この辺はチャイニーズがとても多く、確かに情報ネットワークはすごいかも)
でも、ここだって半年がかりでやっと見つけたのに、そんなにすぐに
条件の合うところが見つかるんだかどうだか・・・??

とにかく今の地域から離れるつもりはないので、色々あたって
何とかあと2ヶ月の間に決めなければと思ってます。

就職のこと、ビザのこと、家のこと、
それに4月からの長女のハイスクール選びもあるんだった。
なんだかすごく忙しくなりそうで怖い・・・頑張らなくちゃ。
[PR]
# by kayo3775 | 2007-01-11 06:13 | シドニー生活

今年も

今日で終わりです。おせちの用意もせず、お餅も今から買いに行こうという感じで、
大晦日という感じは全然しないのだけど、去年はTVで見た夜12時の
ハーバーブリッジの花火を、今晩はどこかへ見に行こうかなと思っています。
近くの高層アパートに住むお友達からも、「うちからも見えるから一緒に見よう」と
お誘いがありました。近所の何家族か集まって花火鑑賞会するそうです。
近くに親も兄弟もいない外国暮らしは、友達が家族みたいなもんです。
淋しくないのはこの人たちのおかげだなあとつくづく感じます。

今年も色んな出会いやできごとがありました。家族がみんな元気に過ごせてよかった。
来年の今日はどこで何してるんだろう~??

それではよいお年を!
[PR]
# by kayo3775 | 2006-12-31 12:55 | シドニー生活

Merry X’mas

去年もそうだったけど、いまひとつピントこない夏のクリスマス。
でもこのイルミネーションを見に行って、すっかり気分が盛り上がりました。

ネットで検索して行って見た、我が家からそう遠くないNorth Rydeのとある通り。
夜の9時すぎ。静かな住宅街が、ある通りに入った途端、人がワサワサと歩いていて、
車が数珠繋ぎになっている。なんとアイスクリームの屋台まで出ていた。
d0051961_6453016.jpg
d0051961_6322970.jpg
d0051961_6331880.jpg

軽く20軒は越えてるでしょう。趣向をこらした電飾とサンタや小物たち。
建物だけでなく、庭の大きな木に電飾をつけて、
それが風で揺れるのでとっても華やかだ。
d0051961_6334688.jpg
横浜でも有名な場所があって毎年見に行ったけど、こちらの方が大胆且つ個性的だ。
d0051961_6341562.jpg
窓辺にクリスマスグッズを飾って見せているお宅も。
d0051961_6344913.jpg
肌寒くて半袖では辛いくらいだったから、余計にクリスマス気分を味わえました。
[PR]
# by kayo3775 | 2006-12-25 06:50 | シドニー生活

師走になって

だんだんと日が長くなってきました。西向きのリビングは8時頃まで灯り要らずです。
昨日は学校から帰宅後、夜の8時半近くまで、下の娘のクラスの親子が公園に集まり
遊びました。それぞれの兄弟も含め子供が20人はいたかなあ。
3年生くらいだと、口げんかしながらも、まだ男女一緒に遊べて、いいもんですね。
突然公園にサンタクロースが現れ、あっというまに子供たちに囲まれてしまいました。
親の私たちも何何?と思って見ていたら、隣でBBQパーティをしていたグループに
呼ばれた(プロ?もしくは誰かのパパ?)サンタでした。
担いできた袋からプレゼントをもらっている子供たちを、娘たちは遠巻きに
ちょっとうらやましそうに見てました。

もう2週間が経ちますが、じゅんこさんはマンリーでのボディボを堪能して、
一度我が家に戻ったあと、たくさんのお土産ともに帰国しました。
じゅんこさんが来る前も帰ったあとも、天気がいまひとつで寒かったのだけど、
滞在中は毎日晴れ晴れ晴れ、夏らしい天気でホントにツイてました。

そしてオットは2年間の勉強勉強また勉強の生活が終了し、来週卒業式です。
就職活動も始めました。実に2年ぶりのスーツ姿は、以前は当たり前だったのに、
すごく妙な感じで思わず笑。
永住権を持たない私たちが、ここでフルタイムの仕事を見つけるのは
非常に困難な状況だけど、今のビザの切れる3月まで、とにかく頑張ってみるつもりです。

私はつい最近、会話のエクスチェンジを始めました。オットの友達が日本に帰国して、
その後を引き継ぐことになりました。大体週一回、カフェで会って、
私が日本語を、相手が英語を教えあいながら、話をするというものです。
お相手は、日本語勉強中のオーストラリア人大学生(29歳男)。
今までの会話相手だったオットの友達は20台の女の子だったので、
こんなオバちゃんとでもいいの~?と、彼女から事前にくれぐれも
聞いてもらいましたが、断わられなかった・・・^^;
大人しい感じの人で、まだお互いにぎこちないのだけど、
年末から1ヵ月、日本に旅行するそうなので、今は旅行中に使えそうな表現を
いくつかピックアップして練習しています。
一応、と持っていった3年生の国語の教科書がテキストとして役に立っています。

その他に、ひと月前から、日本人の先生に英会話を習い始めました。
少し前に4週間通った英語講座の先生で、内容と発音矯正が素晴らしかったので、
近所のママ友だちを3人誘って、日曜日に先生のお宅で(たまたま近かった)
みっちり勉強させてもらってます。
あえて宿題も多めに出してもらい、CDのディクテーション(聞き取り)に
四苦八苦しながらも、仲間と楽しく勉強しています。
d0051961_702718.jpg
じゅんこさんと飾りつけたツリー IKEAで買ったわら素材のオーナメントが気に入ってます
[PR]
# by kayo3775 | 2006-12-09 07:07 | 英語

雑貨好き♪

日本から友人のじゅんこさんが遊びに来てくれました。
ハワイフリークでボディーボーダーのじゅんこさん。シドニーは2度目なので、
今回は観光よりもボディボとマーケット、スーパー巡りがメインの旅。
ネット通販で買ってじゅんこさん宅に送りつけた食料品や洋服、本など、
大量の荷物を運んできてくれました。大感謝!
うちにとって久々のお客様。私もあちこち出かける口実ができて嬉しいです♪

初日・・・朝空港からミセスマッコーリーチェアに直行。定番となっている
オペラハウスがバックの写真を撮った後、超有名ミートパイの店Harry'sへ。
チャイナタウンのPaddy'sマーケットでじゅんこさんは洋服を、
私は娘の腕時計とマンゴーなどの果物を買う。
QVBビルディングを散策。今年も何万というスワロクリスタルのオーナメントで
飾られた巨大クリスマスツリーがお目見え。
地下の大きな食器店Victoria Basementでキッチン雑貨と食器を物色。
d0051961_1615297.jpg
d0051961_16154617.jpg

2日目・・・フリマ好きのじゅんこさんのリクエストで、Glebeマーケット
と、Padingtonマーケットへ。
Glebeは服とアクセサリー、Padingtonは雑貨が中心。じゅんこさんはGlebeが
気に入った様子。ランチはマーケット内の屋台で白チーズとほうれん草の入った
ギリシャのピザ(名前が難しくて覚えられない)を食べた。美味!
夜はじゅんこさんが別のお友達と家の近くのBarで会うというので、
私もちょっとだけお邪魔した。前から行ってみたかったこのBar。
オープンエアで気持ちがよかった。

3日目・・・午前中は私が英語のレッスンのため、じゅんこさんは1人で家の近くの
ショッピングモールへ。Xmasのオーナメントが日本に比べて激安だね~と言って、
Kマートで色々と仕入たようです。
昼からBalmoralビーチへ。入り江のため波が静かで家族連れに人気のこのビーチ、
いつも週末はすごい人出。
車が停められず、お目当てのフィッシュ&チップス屋も改装中だったので、
近くのMosmanの商店街で魚屋さんのフィッシュ&チップスをイートイン。
私はグリルしたレインボートラウト(ニジマス)を。
ついでに、前から行ってみたかった雑貨のお店MOSMANIAを覗いてみたら、
!(◎o◎)!センスのいい雑貨やクリスマスグッズがいっぱい。
2人とも一目ぼれしたリース(じゅんこさんは赤系、私はグリーン系)を購入。
それからまたBalmoralへ。なんとか車を停めて、ビーチを歩く。
建物が素敵な海辺のレストランBATHERS' PAVILIONでお茶を飲む。
帰りにスーパーマーケットに寄り、小1時間店内を歩き回って
じゅんこさんはお土産のスイーツや食料品探し。スーパーにもクリスマス用の
スイーツが増えてきた。私はサンタ柄のリンツのチョコボールを買った。 
d0051961_16184617.jpg
              BATHERS' PAVILION 建物の向こうは海
d0051961_16191772.jpg
              MOSMANIAで買ったリース。直径30cm。

4日目・・・4日連続の快晴!日を追うごとに暑くなってきて、今日は30度を越えた。
朝ごはんは近所のクリスピークリーム
アメリカのドーナツ屋がオースにあると知ってびっくりしてたじゅんこさん。
10時までのお得なセット(ドーナツ2個とコーヒーで$4)を目当てに行ったら、
以前はなかった小物も売られていて、さっそくじゅんこさんと型違いのマグを購入。
私の買った方は底にちっこいドーナツがついていて超可愛い。メチャメチャ気に入った♪
d0051961_1620214.jpg
d0051961_16211491.jpg
d0051961_16221095.jpg
ディスカウント雑貨の店をいくつか見て、アジアンフードコートでヌードルを食べてから、
じゅんこさんはおっきなボードをしょってバスでManlyへ。
今日から3泊、マンリーのゲストハウスに泊まって波乗りするそうです。
[PR]
# by kayo3775 | 2006-11-21 16:25 | シドニー生活

11月だというのに

寒い!毎日寒い!このところ天気がずっとぐずつきがちで、気温が20度を
下回る日もたびたびです。やっとしまった冬物を引っ張り出して着ています。
こんな天気のため、2ヶ月ほどおさらばしていた壁のカビもまた戻ってきてイライラ・・・。
もうそろそろ夏のはずなのに、本当にこちらの気候は??です。
この長雨で、綺麗に咲いていたジャガランダも散りはじめました。
ひと月位咲き続けるので、桜に比べれば長い寿命ですけどね。
お花見したかったのに、寒いわ散っちゃうわで残念。
去年は、始めて見るジャカランダの色の美しさに感動したものです。
そこら中どこでも咲いているので、この時期は街の風景が紫一色になるんです。
天気が回復したら、近所のジャカランダの写真を撮ってUPしたいと思います。

***お知らせ***
お友達のとものさんのHP内に載せて頂いていた我が家のヨーロッパ旅行記と、
お友達と行ったソウル旅行記(ともにちょっと古いですが)左下linksにupしました。
よかったらご覧下さいね♪
[PR]
# by kayo3775 | 2006-11-09 09:08 | シドニー生活

Uluru報告

ここのところシドニーは、20度だったり37度まで上がったり、
気温の変化が激しく何だか疲れます。
さて、ウルル旅行からもう2週間が経ってしまいました。
強風のため、2日間とも登山禁止になってしまい、登ることはできなかったけど、
想像していた以上に満足した旅行でした。
ウルル(エアーズロック)とカタジュタの他には本当に何も無い場所で、
でもそれがいいんです。
近くまで行って周りを散策したら、あとはサンライズとサンセットを眺め、
星空を見て、あとはホテルのプールで遊ぶくらい。
たった3日でも、とてもゆったりと過ごすことができました♪

1日目、シドニーから3時間のフライトで、昼前にエアーズロック空港に到着。
空港からは無料バスでエアーズロックリゾートへ。
1時間後にキャンピングツアー開始。お客は14人。うちの他に日本人は2人。
まずはカタジュタへ。
d0051961_840039.jpg
            巨大な36個の岩が連なっているカタジュタ。
d0051961_8312944.jpg
       散策ルートは平坦だが少々歩きづらい。赤土で靴が真っ赤になる。
d0051961_8325612.jpg
岩の間を風が吹き抜ける「風の谷」を歩いた帰り道。ハエが顔にまとわりつき、
持ってきたネットをかぶって歩いた。見た目は妙でもハエがつかなくて快適! 
d0051961_8331997.jpg
歩いた後はウルルのサンセットビューポイントへ。シャンパンとおつまみつきだったので、
おなかがすいてパクパク食べてしまう。
d0051961_8334463.jpg
夜になってからテントに到着。暗くてよく見えなかったが中はこんな感じ。夕食はステーキ。
自分で焼くBBQだと思ってたら、ガイドさんが外で焼いたものをサーブしてくれた。
でも固すぎて(>_<)。シャワーとトイレは別棟だったが問題なし。
d0051961_8351952.jpg
4時半に起こされ(!)5時に朝食、サンライズに向け5時15分に出発。ビューポイントについて40分ほどまってからようやく日の出。キレイだったけど眠すぎる・・・
d0051961_8355413.jpg
7時にカルチャーセンター見学後、ウルルへ着いたのが8時ごろ。涼しいうちに登山開始と思いきや、強風でクローズ。でもこの急斜面(白く見えるのが鎖)を見て、私にはやっぱりムリかもと思う。
d0051961_8364875.jpg
結局2時間ほどウルルの周りを歩いて(それでも半周)ツアーは終了。昼過ぎに今日の宿
「アウトバックパイオニア」へ。広い敷地内にホテル棟とロッジ(YHA)棟が点在。
うちはYHAの4人部屋。2段ベッドが2つあるだけで超シンプル。
d0051961_8371359.jpg
共同の大きなキッチンがあり、冷蔵庫も食器もあり、買ってきたものを調理できる。
夕方リゾート内のスーパーに買出しへ。今晩もステーキ。でも昨日と違って柔らかかった♪
d0051961_838511.jpg
最後の朝。敷地内になる展望台で、子供たちに無理やりウルルとカタジュタのスケッチをさせる(笑)。
d0051961_8382891.jpg
今日も登山ができないと聞いて、午前中はホテルのプールで過ごす。
今回子供が一番喜んだのはプールかも。お昼も自炊して、2時前のフライトでシドニーへ。
いつもの格安エアーと違い、カンタスはちゃんと機内食が出て(といってもサンドイッチだけど)飲み物もフリー。

この他、2日目の晩に、日本語の天体観測ツアーに参加しました(ファミリー料金95ドル)。
満月で明るすぎて肉眼で見える星は少なかったのだけど、天体望遠鏡でいろんな星や
月を見ることが出来て、面白かったです。

ウルルは暑くて乾燥してます。のどが渇き方が異常なほどです。
年末~2月にかけての真夏に旅行するのは相当厳しいと思いました。
結果的に登山はできませんでしたが、もし登るとしても、写真の通り、
最初がかなりの難所みたいです。しかも登り始めは鎖がないので、
這っていかないと登れないというのを友達から聞きました。
下りの方がより怖く、最後はお尻で滑ってきたとか。私はホントに体力がないので、
登れたとしても多分途中でリタイアしたんじゃないかと思います。
でもそれ以前に、現地で「アボリジニの聖地に登らないで」という看板や
パンフレットを目にして、子供やオットは登る気持ちがなくなったみたいです。
ツアーの中でも登るつもりの人はほんの少しだったし、ゲートの前で
登山開始を待ってるのは、大半が日本人でした。なぜ日本人は登りたいのか・・・

赤土でみるみる汚れるので、服も靴もきれいなものを着てはダメです。
(でも洗濯で取れましたけど)
都市にはごまんといるアジア人は、日本人以外、全然いません。
日本からのツアー客の多さにびっくりしました。

ホテルはこのロッジで正解でした。部屋は質素でしたけど、プールもキッチンも
よかったし、自由に使える広~いオープンエアーのスペースで
各自食事したりおしゃべりしたり、夜はバンドが入ってすごく賑わっていて、
ゴージャスさとは無縁でも、とても親しみやすい雰囲気のアコモでした。

最後に今回の旅、かかったお金はしめて3200ドル。家族4人で
5000ドルはかかると聞いてビビッてましたが、やればできるもんです。
キャンピングツアーなしならもっと節約できましたけどね。
ツアーは食事と朝早いのが難点でしたが、ずっと家族だけで過ごして、
他の人とコミュニケーションがないのも淋しいので、まあよかったかなと思います。

ウルルとカタジュタは、何度眺めても飽きない不思議な魅力があります。
多分日本にいたら行く機会はなかったと思うので、いい記念になりました。
[PR]
# by kayo3775 | 2006-10-20 10:15 | シドニー生活

Uluru旅行

d0051961_186669.jpg

今週から子供たちの春休みホリデーに入りました。
まわりの友人たちは、日本へ一時帰国する人、日本からジジババが来る人、
フィジーや大陸縦断鉄道の旅に出る人など、今は気候がちょうどいいので
みなアクティブに過ごしているようです。
我が家は、明日から2泊3日でUluru(エアーズロック)に行ってきます。
夏は暑すぎて危険、冬は寒いと聞いて、ウルルに行くならこの休みにと
思ってました。
少し前までは、登山苦手だし、とにかくウルル旅行はお金がかかると聞いて、
行くつもりはなかったのです。でも、やっぱり行った方がいいというのを
聞く人聞く人誰もが言うので(娘の先生は登って世界観が変わったとか)、
行ってみようかということになりました。
家族一緒の旅行は2月のタスマニア以来、久しぶりです。

手配は全てネットでしました。

air・・・カンタス航空のHPで予約。往復1人470ドル(大人子供同じ)
    シドニー⇔エアーズロックの直行便はカンタス便のみ
    格安エアーのバージンやジェットブルーは飛んでません。そのためか、
    運賃がバカ高。距離の違いはもちろんあるけど、タスマニアやGCが
    片道80~100ドルだったことを思うと、たっかいなあと。
    それでも往復とも、このシーズン中の底値の組み合わせで
    取れました。曜日と時間帯によってはこの倍位の値段の便もあり。

hotel・・・これがまたエッと思うほどの値段です。ウルル近くには宿が
    ほんの数件しか宿がなく、どこも1泊400ドル以上。エコノミークラスの
    ところでもです。いつも100ドル程度の予算で探す我が家にとっては
    痛すぎる。唯一YHA(ユースホステル)の4人部屋が150ドル
    だったので、1泊はここを予約しました。これも普通のYHAからすると
    非常に割高な感じです。

tour・・・当初はレンタカーを借りて自分たちで全て回るのが、安上がりで
    効率がいいかなあと思ってましたが、ホテル代の高さにショックを受け、
    しかしYHAに2泊というのも寂しいなあと思ってたところ、面白そうな
    ツアーを見つけました。
    「オーバーナイト ウルルサファリ」1泊2日のキャンピングツアーです。
    ベッド完備の常設テントに泊まり、BBQディナーや星空観測、ウルルの
    観光、カタジュタ(風の谷)観光、全てついて1人265ドル(子供215ドル)。
    この正規価格より安く予約できる代理店があり、4人で910ドル。
    (正規より50ドル安く済みました。)ホテル+レンタカー代よりは
    多少かかるものの、食事と観光がつくのでかえってお得な感じがします。
    外国人が多いツアーらしいので、一緒にBBQしたり話をするのが楽しみ。

たまたま近所に昨日ウルルから帰ってきた友達がいて、気温のことや、
持っていったほうがいいものなど色々聞けて、とっても参考になりました。
頭からかぶるハエよけネットも4人分貸してくれました。実際にはそれをかぶるほどの
ハエはいなかったそうだけど。
どんな旅行になるか、楽しみです♪
[PR]
# by kayo3775 | 2006-10-04 18:06

忙しい週末

金曜日・・・PM1~3時 シティで英会話講座。値段が安い、先生が日本人で
       あることが気に入って、ひと月前からほぼ毎日通っている。
       4:30に子供をバス停でピックした後、今晩は同じバス停仲間と
       そのうちの1人のお宅でBBQパーティ。総勢40人!
       でもひろ~いお家で問題なし。BBQの他に、おにぎり、コロッケ、
       サラダ、グリーンカレー、ラップサンド、大福、ケーキ・・・
       さすが日本人、手作りの持ち寄りメニューも素晴らしい。
       バス停仲間はいい人ばかりで、チームワークもよくホントに楽しい。
       みんな家族や友達と離れてシドニーに来ているから、
       仲良くなるのも早いんだよね~。

土曜日・・・夕方からオットの大学の友達10人を呼んで家でパーティ。
       そのための大掃除と買出し、食事作り。久しぶりに家がピカピカ。
       メニューはちらしずし、おでんと野菜のディップ、カナッペ。それと
       あんみつ♪友達の国籍は中国人4人、韓国人2人、台湾人1人、
       トルコ人1人、日本人2人。みんな英語がペラペラで、
       語学学校の私の仲間とはちょっとレベルが違うんだなあ・・・
       
日曜日・・・二晩続きの飲み会で、お昼まで寝ていたかったのに、今日は
       下の子が週一回活動しているガールズガイドのエクスカーション。
       ガイドは日本のガールスカウトがもっとお遊び的になったもの・・かな?
       9時半に家から30分のナラビーンビーチ近くのキャンプ場に集合。
       シドニー各地のガイドグループが集合して、クラフトやクッキング、
       各種レースなど。
       英語がわからずいつも子供も私もちんぷんかんぷんなまま
       参加しているのだが、今日は楽しかった!
       オーストラリアに住んでいても、オージーと一緒に何かをするという
       チャンスがほとんどないので、ガイドはとっても貴重な機会です。        
d0051961_10213724.jpg                                                                   



ガールズガイドの活動目的
d0051961_10223011.jpg




紙筒にペイントしてアボリジニの楽器
ディジュリドゥを作成
d0051961_1023566.jpg




同じSt Ivesガイドの友達と電車ごっこ
小学生なのにかなり幼い
d0051961_10233595.jpg




ピローをぶつけあって落ちたら負け

d0051961_1024353.jpg




3時に終了
今日は夏のような一日でした 
    

       
    
[PR]
# by kayo3775 | 2006-09-18 10:50 | シドニー生活

Belgian Beer Cafes

貝類が大大好きな私とオット。
特にムール貝は値段が安いので時々家でも食べたりするが、
このムール貝料理で有名なベルギーパブがあると聞き、先日行ってきました。
「The Belgian Beer Cafes」
d0051961_8167100.jpg外観は見過ごしてしまった位、間口の狭い普通のお店。でも中に入ると奥に長~い。
オーク色のクラシカルな内装とアンティーク風のインテリアがまさにパリのビストロ。
席に座る前からワクワク♪
お昼どきを避けて行ったが、ちょうどこの日がFathersDayでお店は大賑わい。
「今日は100組の予約が入っていてホントならお断わりなんだけど、4時までなら
どうぞ」と、たまたまランチとディナーの間で空いていた席に座ることができた。
d0051961_8215548.jpg

メニューはどれも美味しそう。数多いベルギービールの中から
お店の看板ビールらしいHoegaardenとベルギーの前菜盛り合わせ、
ムール貝は9種類の中から白ワイン煮(Cooked with vegetables and white wine)
を注文してみた。
d0051961_8245934.jpg
ビールはフルーティーな香りで美味しく、前菜はムール貝のガーリック焼きに
生ガキのトマトジュース漬け、ダックのパテ、酢漬けの魚、生ハム、チーズフライなど。
d0051961_8263477.jpg
そして噂どおり、鍋にてんこもりのムール貝が出てきた。それにchipsと
マヨネーズがついてくる。そうそうベルギーはポテトにマヨなんだよね。
貝が食べても食べてもなかなか減らなくて、子供が最後に殻を数えたら35個あった!
この鍋、家族4人がお腹いっぱいになって20ドルは安いでしょう。
昔パリから日帰りでベルギーのブルージュに行った時、
この鍋いっぱいのムール貝を食べて忘れられなかったのが、
まさかシドニーでまた出会えるとは、さすがマルチカルチャーな街。
d0051961_830821.jpg
嬉しいことに、父の日だからということで、無料でデザートもサービスしてくれました♪
[PR]
# by kayo3775 | 2006-09-09 08:33 | シドニー生活