オットの退社→留学→卒業その先は・・・


by kayo3775
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:英語( 4 )

駅前生活

無事に引越が済み、同時に私の語学学校が始まって2週間経ちました。
今、月から木までの週4日、朝8時45分から2時半まで一日5時間の授業を受けている。
思っていたほど大変に感じないのは、金曜日が休みであること(私の学校以外は
どこの語学学校も週5日)、家が駅前だからだと思う。
住んでるユニットの下はバスロータリーで、駅の工事の音もガンガンするけれど、
音って慣れてしまうと平気なもんだ。それより重いスーパーの袋を持っていても、
雨が降っていても、駅から1分で帰れることのありがたさをしみじみ感じている。
そのかわり、学校も駅からすぐのため、全然歩かない生活になってしまい
それはよくないのだけど。
ユニット内の室内プールで泳ごうと思っているのだけど、まだ実行できないでいる。

学校は、6段階の上から2つめのレベルのクラスで勉強している。
内容はそれほど難しくはないものの、まわりがペラペラ話せる人ばかりで
言葉が出てこない私は、話すことを躊躇してしまう。
始めの一週間だけ籍をおいたIETSクラスで一緒だった韓国人2人と仲良くなり、
ランチタイムも孤独でなくなって、まわりは全員若い子だらけの学校生活も、
まあまあ慣れてきたかなと思う。
[PR]
by kayo3775 | 2007-03-12 19:43 | 英語

師走になって

だんだんと日が長くなってきました。西向きのリビングは8時頃まで灯り要らずです。
昨日は学校から帰宅後、夜の8時半近くまで、下の娘のクラスの親子が公園に集まり
遊びました。それぞれの兄弟も含め子供が20人はいたかなあ。
3年生くらいだと、口げんかしながらも、まだ男女一緒に遊べて、いいもんですね。
突然公園にサンタクロースが現れ、あっというまに子供たちに囲まれてしまいました。
親の私たちも何何?と思って見ていたら、隣でBBQパーティをしていたグループに
呼ばれた(プロ?もしくは誰かのパパ?)サンタでした。
担いできた袋からプレゼントをもらっている子供たちを、娘たちは遠巻きに
ちょっとうらやましそうに見てました。

もう2週間が経ちますが、じゅんこさんはマンリーでのボディボを堪能して、
一度我が家に戻ったあと、たくさんのお土産ともに帰国しました。
じゅんこさんが来る前も帰ったあとも、天気がいまひとつで寒かったのだけど、
滞在中は毎日晴れ晴れ晴れ、夏らしい天気でホントにツイてました。

そしてオットは2年間の勉強勉強また勉強の生活が終了し、来週卒業式です。
就職活動も始めました。実に2年ぶりのスーツ姿は、以前は当たり前だったのに、
すごく妙な感じで思わず笑。
永住権を持たない私たちが、ここでフルタイムの仕事を見つけるのは
非常に困難な状況だけど、今のビザの切れる3月まで、とにかく頑張ってみるつもりです。

私はつい最近、会話のエクスチェンジを始めました。オットの友達が日本に帰国して、
その後を引き継ぐことになりました。大体週一回、カフェで会って、
私が日本語を、相手が英語を教えあいながら、話をするというものです。
お相手は、日本語勉強中のオーストラリア人大学生(29歳男)。
今までの会話相手だったオットの友達は20台の女の子だったので、
こんなオバちゃんとでもいいの~?と、彼女から事前にくれぐれも
聞いてもらいましたが、断わられなかった・・・^^;
大人しい感じの人で、まだお互いにぎこちないのだけど、
年末から1ヵ月、日本に旅行するそうなので、今は旅行中に使えそうな表現を
いくつかピックアップして練習しています。
一応、と持っていった3年生の国語の教科書がテキストとして役に立っています。

その他に、ひと月前から、日本人の先生に英会話を習い始めました。
少し前に4週間通った英語講座の先生で、内容と発音矯正が素晴らしかったので、
近所のママ友だちを3人誘って、日曜日に先生のお宅で(たまたま近かった)
みっちり勉強させてもらってます。
あえて宿題も多めに出してもらい、CDのディクテーション(聞き取り)に
四苦八苦しながらも、仲間と楽しく勉強しています。
d0051961_702718.jpg
じゅんこさんと飾りつけたツリー IKEAで買ったわら素材のオーナメントが気に入ってます
[PR]
by kayo3775 | 2006-12-09 07:07 | 英語

Certificate

気がつけばもう今年もあとわずか。
今街は、クリスマス前のソワソワした雰囲気に包まれています。
季節の行事が少ないオーストラリアでは、クリスマスは盆と正月が
いっぺんに来るような大イベントみたいです。
でもこの暑さで夜も8時半まで明るいと、どうも気分が盛り上がらない・・・。
日本は強い寒波が来ているとか。今年は関東もクリスマス前に初雪かしら?
やっぱりクリスマスは寒くないと、ね。
d0051961_1839534.jpg

今日で私の学校生活が終了しました。終了証を全校の前でもらうときは、
言葉が詰まってしまい、ろくなスピーチもできませんでした(涙)。
今日は学校自体も今年最後の授業日で、終了証授与の後は
「Traditional X’mas Party」が行われました。
クラス毎にクリスマスの出し物を行い、プレゼント交換(誰が贈り主は内緒)
と、各自持ち寄った軽食やフルーツ、ケーキなどをランチに頂きました。

ユニークで人柄の良い先生たちと、素敵な友達に恵まれて、こんなに
学校生活をエンジョイできるとは、入る前には全く想像できなかったです。
先週末は母子留学で来ているコリアンの友達の家に招かれ、
昨日は一番仲良しの22歳のやはりコリアンの女の子とショッピングして、
来週は3人の友達と食事に行く約束をしてます。
今、外国人の友達と(ほとんどがコリアンなのだけど)、日本人同士と
変わらない感覚で付き合っていることに、あらためて驚いています。
私の場合、会話は相変わらずブロークンでめちゃくちゃなのだけど、
表情やしぐさで、けっこう意思疎通ができるものだなあと感じます。
みんな本当にフレンドリーで情が厚くていい子ばかり。彼らの倍の年
ほどもある私のことを、どうして仲間に入れてくれるのか、未だに??
なのだけども・・・ま、それをいいことに年を忘れて遊びまわっています(笑)。

先生たちともたくさんの思い出ができました。
一昨日は教室を先生宅に移して?ブランチパーティ。プールもある大邸宅に
一同うっとり・・・イスラエル出身の先生で、ユダヤ教徒には食事内容に
厳しい制限があることなど、知らない文化のことが色々勉強になりました。
もう1人の担任の先生の家へは、クラス全員で2週間後に遊びに行くことが
今日決定!シドニーから2時間もかかる海辺の街にあって、
希望者は前日からキャンプ、船も持っているのでクルージングもできるとか。
年末まで何も予定のなかった我が家に飛び込んできた嬉しい企画です。

ところで3ヵ月通っても、肝心の英語はまだまだで、落ち込むこともしばしば。
でも通学したことで、話せるようになりたいという気持ちだけは
ますます強くなったので、この気持ちを忘れずに今後も頑張ろうと思います。
先日友達と話している私を見たオットに
「うまくなったんじゃない?だって一応文章になってるし」と言われ、びっくり。
前は今以下だったと思うと、恐ろしい・・・(ToT)
そういうオットも、まわりから「来た頃よりずいぶん上達した」と言われたとか。
オットの学校も明日からホリデーなので、今晩はシティーで飲み会だそう。
私と同じく、今頃若い子たちと楽しくやっていることでしょう(^^ゞ
[PR]
by kayo3775 | 2005-12-16 19:06 | 英語

年下の友達

今日は、同じ語学学校で知り合った日本人の女の子を誘って、バーケンヘッドアウトレットモールへ買物に出かけた。
彼女は25歳。私と同じ日に入学したが、最初から一番上級クラスで、今は
IELTS(アメリカのTOEFLのような英語テスト)を勉強するクラスで頑張っている。
なかなかゆっくり話す機会がなかったので、今日は買物ついでに色々な話ができてよかった。

英会話が思うように伸びない、留学生同士で会話しているだけでは上達しない、ネイティブの友達を作りたい・・・思っていることは私も彼女も同じだ。
彼女は大学卒業後、航空会社で働いていたので、私とはレベルが大違いなのだが・・・。
一番の悩みは、英語だと自分の正直な考えや気持ちが言えなくて、つい優等生的でつまらない答えしか言えないということらしい。
私など、言いたい事の1割くらしか言葉にできなくて、あとは黙っているばかり。そのもどかしさといったら・・・。
程度の違いはあるが、私も彼女も、相手に自分の意思や考えをちゃんと伝えたいのに伝えられない、これが辛いのだ。

とても真面目で、あと1年で絶対にもっと英語がうまくなって日本に帰り、英語を生かした仕事に就くと決めている彼女。授業は必ず出席し、毎日図書館で4時間も勉強しているという。
私など、若い頃留学など考えたこともなかったけど、あのように自分のやりたいことに思い切り挑戦できることがうらやましいなあと思った。
今の私も普通の暮らし方からすれば、かなり好き放題のことをしているとは思うけど(^^ゞ、でも1人で来ている若い子とは、やっぱり環境が違いすぎるもんなあ。

一緒に海に行った18歳の女の子は、まだ高校卒業したばかりなのによく来たなあと、その勇気に驚いた。
勉強することもバイトすることも、毎日がとても刺激的のようで楽しそうだ。時々危なっかしいところもあって、ついつい親のような目で「気をつけてね」と注意してしまうけど。

二人からすれば、こんな年上の私は、友達というよりも近所のおばちゃん的な存在だろうけども、私は彼女たちからエネルギーをたくさんもらって、自分も若返ったような気になれて楽しい。日本では、こんな年離れた友達はなかなかできないものね。

今日の彼女と話して、私も心を入れ替えてちゃんと勉強しよう、と思った。
学校に行くだけじゃだめ、自分でコツコツやらないと。暗記力もめっきり衰えて、さっき調べたばかりの単語もすぐ忘れてしまうのが情けないが。
単語カードを作って覚えなきゃ。頑張ろうっと。
[PR]
by kayo3775 | 2005-11-16 21:05 | 英語