オットの退社→留学→卒業その先は・・・


by kayo3775
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2005年 07月 17日 ( 2 )

居心地はgoodです

今日でシドニー入りしてもう4日。
毎日ファミリーや他のメイトさんと楽しく過ごしている。
ファミリーの子供たちがとってもいい子で人懐こいので、うちの子たちとすっかり仲良しになった。もうすぐ1歳になるサリナは可愛い盛りで、うちの子たちは奪い合うように面倒を見たがっている。

23歳のワーホリのマサくんは、明日次のステイ先に移るのだが、携帯の買い方とか美味しいお店情報とか、色々教えてくれた。この家に2ヶ月いたので、薪ストーブの火付け方法(薪割りも)もしっかり習得していて、うちのオットに伝授してくれた(笑)。
なにしろこのストーブがこの家の唯一の暖房で、でも火を付けられるのはこの家のご主人とマサくんだけなので、二人がいないと寒くて困ってしまうのだ。
昨日と今日はうちの夕飯をおすそ分けしたのだが、とても喜んで食べてくれた。マジメな感じのとても好青年である。

70歳の元気ハツラツゆめ子おばちゃまは、とっても面白い。
これまで世界中を旅してまわったという。最近はシドニーに年一回2ヶ月滞在するのは常となっていて、毎日あちこち飛び回っているようだ。シドニーにたくさんお友達がいて、こちらの老人ホームでボランティアもするという。趣味のカメラもホームページを持っていて、BBSの返事が大変よ~と言っている(笑)。
信じられない行動力!スゴすぎ!!
とても気のよいおばちゃまで、毎晩いろんなお話が聞けてとっても楽しい。

奥さんのしおりさんも、聞けば生活の情報を何でも教えてくれるので、とてもありがたい。
でも私たちにベタベタと世話は焼かず、他人が家の中を何をしようと気にしていない(当たり前だけど)感じなので、こちらも自宅同様に暮らさせてもらっている。
もちろんバスルームやキッチンをきれいに使うとか、子供が迷惑をかけないように気をつけたりとかは当然のことだけど。

とにかくすごく居心地がよくて、子供もオットも楽しんでいるようなので、家もここに居ながらじっくり探せばいいかな、と思っている。
[PR]
by kayo3775 | 2005-07-17 22:43 | シドニー生活

家探しその①

昨日は6軒のアパートを見た。
土曜の朝は、インスペクションといって、決められた時間に空家物件を自由に内覧できるのだ。
予めネットや新聞でインスペクション可能な物件を調べておいて、地図で位置を確かめて現地に向かった。
インスペクションの時間は一物件10分から30分が多く、しかも時間帯は昼前後に集中しているので、効率よくまわるのは大変だ。
当然離れた地区をはしごすることは難しく、今日はオットの学校近辺で、子供の学校のスクールバスのバス停にもそう遠くない地域に絞ってまわった。
新築から20年は経っていると思われるものまで色々見たが、やはり部屋の中を見るとここはちょっと。。と思うものも多く、どうしても新しい物件にひかれてしまう。
2bedroomを探しているのだが、いいと思うのは週350ドル(日本円で月127500円)。250ドル(月91000円)前後のものもたくさんあったが、概して階段などの共同部分が暗い感じで、キッチンやバスルームが古くさかった。
昨日見た地域は国立公園が後ろに控えて自然環境は抜群なのだが、軽井沢にいるような感じで、雰囲気としてはちょっと寂しい。
学校からは遠くなるが、もちょっと賑やかで便利な地区でも探してみたいので、明日から不動産屋をまわり、個別にインスペクションを申し込もうと思っている。

面白かったのは、家賃の安い物件ほど時間になると山のように人がワラワラ集まってきて、それがほとんど中国人か韓国人なのだ。
多分皆オットと同じ大学の学生で、仲間同士で借りるのだろう。

そうそう、オットがオリエンテーションで一緒になった人たちも半分が中国人だったらしい。40人位いたなかで、日本人はオットともう一人(しかもハーフ)という話にはビックリした。
こちらに来て何軒もチャイニーズやコリアンの食品店を発見したし、日本人は全く見ないけど彼らはどこにでもいるので、シドニーにおけるこの2大勢力はとても大きいのだろう。
[PR]
by kayo3775 | 2005-07-17 21:59 | シドニー生活