オットの退社→留学→卒業その先は・・・


by kayo3775
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Graduation Day

6週間の語学学校が無事が終了し、5月にビジネスカレッジがスタートするまで
4週間お休みです。ホッ。

そして昨日は長女が通うIntensive English Centerの卒業式だった。
現地のハイスクールに合流できるように、9ヶ月間ここで頑張ってきた。
卒業式は、祝辞や卒業証書の授与の他、生徒によるパフォーマンスが
盛り込まれて、とても賑やかで楽しかった。
日本人生徒によるソーランダンスも大成功。拍手喝采を浴びていた。
5年生から中3まで20人、ソーランを知っている子が知らない子を教えて、
朝と放課後に練習を重ねた成果だ。
他の国の生徒が個人的な出し物ばかりなのを見ると、やっぱり日本人は
「団結心」とか「協力」することを大事にするし、大好きなんだなあと感じる。

娘は一番仲の良かった韓国人の女の子と別れをとても惜しんでいた。
これから同じ学校に通う予定だったのが、うちが志望校を変更したために
通えなくなってしまった。でもまた一緒に遊ぼうと約束してサヨナラした。

昨日は、学校帰りに日本人ばかり10人が家に寄って遊んで行った。
この学校に入る子は、みんな日本から来たばかりや、うちの子のように
日本人学校から転校してきた子たちで、最初は英語ができないのが当然だ。
同じ境遇の外国人と、それぞれのレベルと年齢で分けられたクラスで勉強し、
昼休みには自然と日本人同士集まってお弁当を食べる。
この時間が子供にとってはストレス解消なんですよ~と
日本人の先生が言ってたけど、本当にそうなんだろう。
英語は大変だけど、苦労を分かち合える仲間がいて、
卒業した子はみんな「IECは楽しかった!」と言っている。

みんなが帰った後に、娘が「本当に今日は最高だったよ~」と何度も言っていた。
日本の小学校を卒業することはできなかったけど、その代わりIECという特別な
学校で、素敵な卒業式を経験できてよかった。

ホリデーの後は、バスで20分くらいのところにある、
公立の共学のハイスクールに入学することが決まった。
これまでよりももっと日本人のいない環境で、ネイティブの子供に混じって
ついていけるのか不安だが、ここからが娘の本当のふんばりどころだ。
勉強面では既に何の手助けもできないが、頑張って欲しいと思っている。
[PR]
by kayo3775 | 2007-04-06 09:23 | シドニー生活